コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹取養巴 たかとり ようは

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鷹取養巴 たかとり-ようは

1827-1865 江戸時代後期の医師。
文政10年1月13日生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩医。加藤徳成(とくなり)らとともに尊攘(そんじょう)派として活動。藩論佐幕に一変すると,月形洗蔵らとともに捕らえられ,慶応元年10月23日斬首(ざんしゅ)された。39歳。名は惟寅。字(あざな)は子直。号は碩庵,葵軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鷹取養巴の関連キーワードフォーレアメリカ合衆国史(年表)カニング冬の旅ゴーブルブラックマーティンマクシモビッチマキシモヴィッチカライスカキス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android