コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹谷俊之 たかがい しゅんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鷹谷俊之 たかがい-しゅんし

1891-1970 大正-昭和時代の僧,教育者。
明治24年12月1日生まれ。大正12年東洋大教授となる。15年渡欧して社会事業,宗教学をまなぶ。帰国後武蔵野女子学院創設に協力し,昭和25年同短大学長。浄土真宗本願寺派の第1回宗門功労者。昭和45年6月20日死去。78歳。広島県出身。東京帝大卒。号は江邨,応谷。著作に「高楠順次郎先生伝」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鷹谷俊之の関連キーワード昭和時代教育者

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android