鹿の子結い(読み)カノコユイ

デジタル大辞泉の解説

かのこ‐ゆい〔‐ゆひ〕【鹿の子結い】

鹿の子絞り」に同じ。
鹿の子絞りに染めるため、絹や布を糸でつまみ縛ること。
近世、上方で2の仕事をするかたわら売色した女子。
「牙儈(すあひ)女、―、舞子、比丘尼」〈浮・禁短気・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android