コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞子/舞妓 マイコ

3件 の用語解説(舞子/舞妓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まい‐こ〔まひ‐〕【舞子/舞×妓】

舞をまって酒席に興を添える少女。現在では、京都の祇園(ぎおん)の舞子が有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

舞子【まいこ】

神戸市垂水(たるみ)区南部の一地区。明石海峡に臨む海岸が舞子ノ浜で,砂浜に老松が茂る景勝地。山陽本線,山陽電鉄が通じる。明石海峡大橋の本州側基点。
→関連項目神戸[市]瀬戸内海国立公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

まいこ【舞子】

兵庫県神戸市垂水(たるみ)区南部に位置する景勝地の舞子の浜とその背後の地区名。舞子の浜は明石海峡に臨む延長1.7kmの海岸で,県立公園に指定されている。しかし海水浴で有名であった砂浜は,国道2号線の拡幅や激しい潮流のためにすっかり失われた。地名の由来は,千姿万態の松の姿から名付けられたとか,在原行平平清盛が舞子を踊らせたなど華やかな伝説があるが,文献上の初出は江戸中期をさかのぼらない。付近には古くから腰掛け茶屋があり,大正末ごろまで大きな旅館があってにぎわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

舞子/舞妓の関連キーワード生田垂水区垂水舞子の浜葺合海神社たるみず気漸垂水左衛門尉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone