コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞子/舞妓 マイコ

デジタル大辞泉の解説

まい‐こ〔まひ‐〕【舞子/舞×妓】

舞をまって酒席に興を添える少女。現在では、京都の祇園(ぎおん)の舞子が有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まいこ【舞子】

兵庫県神戸市垂水(たるみ)区南部に位置する景勝地の舞子の浜とその背後の地区名。舞子の浜は明石海峡に臨む延長1.7kmの海岸で,県立公園に指定されている。しかし海水浴で有名であった砂浜は,国道2号線の拡幅や激しい潮流のためにすっかり失われた。地名の由来は,千姿万態の松の姿から名付けられたとか,在原行平平清盛が舞子を踊らせたなど華やかな伝説があるが,文献上の初出は江戸中期をさかのぼらない。付近には古くから腰掛け茶屋があり,大正末ごろまで大きな旅館があってにぎわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone