鹿木(読み)シカギ

精選版 日本国語大辞典の解説

しか‐ぎ【鹿木】

〘名〙 鹿などの来るのを待つ猟師が、自分の身を隠すために、立ち木に横木を渡し、柴などを結びつけたもの。鹿垣(しがき)
※木工権頭為忠百首(1136頃)秋月「山さつがしかぎの陰や隙もなき居待の月の出でよざりする〈源仲正〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿木の関連情報