源仲正(読み)みなもとの なかまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源仲正 みなもとの-なかまさ

?-? 平安時代後期の武人,歌人。
源頼綱(よりつな)の子。源頼政(よりまさ)の父。摂津(多田)源氏武士団棟梁で,下総守(しもうさのかみ)をへて晩年に兵庫頭(かみ)となった。保延(ほうえん)6年(1140)前後に,七十余歳で没したとみられる。歌は「金葉和歌集」以下の勅撰集に15首はいっている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源仲正

生年:生没年不詳
平安末期の武士,歌人。清和源氏。三河守源頼綱と中納言君(小一条院敦明親王の娘)の子。六位の蔵人より下総,下野の国司を経て兵庫頭に至る。父より歌才を受け継ぎ,『金葉集』以下の勅撰集に15首が入集。<参考文献>井上宗雄『平安後期歌人伝の研究』

(渡辺晴美)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android