麻三斤(読み)まさんぎん

精選版 日本国語大辞典「麻三斤」の解説

ま‐さんぎん【麻三斤】

〘名〙 衣一着分の麻糸が採れるの実の量。唐代の禅洞山守初が「とは何か」と問う僧にこの語をもって答えたことで知られる。禅宗の有名な公案の一つ。
正法眼蔵随聞記(1235‐38)五「洞山の麻三斤を挙揚して、同衆に示すべしと云て」 〔無門関〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android