麻糸(読み)あさいと(英語表記)hemp yarn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

麻糸
あさいと
hemp yarn

アサ,アマ,カラムシ (苧麻) ,ジュート (黄麻) など原料として製造した総称製法は,原料によってそれぞれ異なる。古くからつくられてきたが,原料の多くを海外に依存して原価高の傾向にあるうえ,硬質繊維としての弱点をもつため合成繊維との競争には弱く,次第に用途を奪われてきている。ただし,天然繊維としての長所は認識されており,合成繊維と交織して両者特色を活用する方法も普及して,依然として有用な繊維である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あさ‐いと【麻糸】

麻の繊維から作った糸。

ま‐し【麻糸】

麻の繊維から作った糸。あさいと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あさ‐いと【麻糸】

〘名〙 麻の繊維で製した糸。布や縄などの材料に用いる。また、亜麻、カラムシ、ラミー、ジュートなどの繊維から製した糸にもいう。あさ。
※歌仙本順集(10C後)「たなばたにけさは貸しつる麻糸を夜は祭ると人は知らずや」

ま‐し【麻糸】

〘名〙 麻の繊維からつくった糸。あさいと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報