コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正法眼蔵随聞記 しょうぼうげんぞうずいもんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正法眼蔵随聞記
しょうぼうげんぞうずいもんき

道元の侍者,懐弉 (えじょう。 1198~1280) の編。6巻。道元の法話を,懐弉が聞いたとおりに平易な文章で筆記したもので,理解しやすく,道元自身の姿をいきいきと浮彫りにしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうぼうげんぞうずいもんき〔シヤウボフゲンザウズイモンキ〕【正法眼蔵随聞記】

鎌倉時代の法語集。6巻。道元の法語を、弟子懐奘(えじょう)が記録した書。嘉禎年間(1235~1238)の成立。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうぼうげんぞうずいもんき【正法眼蔵随聞記】

道元が嘉禎年間(1235‐38),日常その門下に語った修行の心がまえを,弟子の懐奘(えじよう)(1198‐1280)が克明に記録したもの。6冊の書冊にまとめられたのは懐奘没後のことである。嘉禎1年は,道元が京都郊外の深草に興聖寺を建立して2年目にあたり,懐奘が道元門下に加わったのはその前年である。嘉禎年間とはまさに初期道元僧団確立の時期にあたり,道元は種々の角度からあるべき修行僧の姿を説き明かしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうぼうげんぞうずいもんき【正法眼蔵随聞記】

懐奘えじようが、師道元が日常その門下に行なった説示を筆録したもの。六巻。嘉禎年間(1235~1238)成立。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正法眼蔵随聞記
しょうぼうげんぞうずいもんき

鎌倉時代の仏書。6巻。日本曹洞(そうとう)宗の開祖道元(どうげん)が、嘉禎(かてい)年間(1235~38)、山城(やましろ)深草(京都市伏見(ふしみ)区)の観音導利(かんのんどうり)興聖宝林寺(こうしょうほうりんじ)にて、門下の僧俗に対して日常行った説示を、弟子の孤雲懐奘(こうんえじょう)が聞くに随(したが)って筆録したものをもとに編集された。体系的な書ではないが、仏道を学ぶ者の心得が細かに平易な文体で説かれている。本書には慶安(けいあん)刊本系と、面山瑞方(めんざんずいほう)校訂の明和(めいわ)刊本(流布本)系と長円寺本系とがあり、巻の配列、本文段章の有無などの相違があるが、近時、長円寺本系が古形を伝えているといわれている。[伊藤秀憲]
『東隆眞編著『五写本影印 正法眼蔵随聞記』(1979・圭文社) ▽西尾実他校注『日本古典文学大系81 正法眼蔵 正法眼蔵随聞記』(1965・岩波書店) ▽水野弥穂子訳『正法眼蔵随聞記』(1963・筑摩叢書) ▽安良岡康作校註・訳『日本古典文学全集27 正法眼蔵随聞記』(1971・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の正法眼蔵随聞記の言及

【しゃっくり】より

…この書には,トウガラシの粉をうどん粉に丸く包んで飲むというやや刺激的な方法もある。また,《正法眼蔵随聞記》には,病気は気の持ちようだから仏道にいそしめば病も起こらないという例として,しゃっくりをしている人につらいことをいえば,言い訳をしようと本気になるのにまぎれて止まると述べられている。日常多くみるのは驚愕,憤怒などの激しい情動や急ぎの食事などの際に起こる一過性の生理的なしゃっくりだから,横隔膜を強く刺激するくしゃみや特殊な嚥下には効果があると思われるし,その他のまじないも効いたとされることがあることになる。…

※「正法眼蔵随聞記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正法眼蔵随聞記の関連キーワード隠所・隠処減気・験気孤雲懐弉孤雲懐奘鎌倉時代管する弁道話隠所正法閣下嵩む重重遊ぶ栄西説示語録訪ふ仮令非人一分

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android