黄ばむ(読み)キバム

  • きば・む

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自マ五(四)〙 (「ばむ」は接尾語) 黄色みを帯びる。黄色がかる。黄色くなる。
※宇津保(970‐999頃)蔵開中「物もの給はで、橘を見給へば、それも実を取りてきばみたる色紙に書きて入れたり」
※中華若木詩抄(1520頃)中「西風に草木が、黄(キ)ばみをちて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄ばむの関連情報