コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄寺 こうじHuang-si

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄寺
こうじ
Huang-si

中国にあるチベット仏教寺院。清朝の入関前に造られた瀋陽の黄寺 (正式名は実勝寺,1638完成) ,入関後に造られた北京の東黄寺 (旧名普静禅林,51改築) ,西黄寺 (一名清浄化城,52建立) の3つがある。屋根瓦が黄色であるところから黄寺といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうじ【黄寺 Huáng sì】

北京市内の北郊安定門外にあったラマ寺院。東黄寺と西黄寺とから成る。東黄寺はもと普静禅林と号したが,1651年(順治8)ラマ寺院に改修された。西黄寺は1652年ダライ・ラマ5世の北京訪問に際してその宿舎として建立され,清浄化城と号した。西黄寺は清代北京を訪問するチベット・モンゴル高僧の宿舎にあてられた。黄寺の通称は屋根を黄瓦でふいたことによる。西黄寺のみ現存する。【若松 寛】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

黄寺の関連キーワードベアト

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android