コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄寺 こうじ Huang-si

2件 の用語解説(黄寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄寺
こうじ
Huang-si

中国にあるチベット仏教寺院。清朝の入関前に造られた瀋陽の黄寺 (正式名は実勝寺,1638完成) ,入関後に造られた北京の東黄寺 (旧名普静禅林,51改築) ,西黄寺 (一名清浄化城,52建立) の3つがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうじ【黄寺 Huáng sì】

北京市内の北郊安定門外にあったラマ寺院。東黄寺と西黄寺とから成る。東黄寺はもと普静禅林と号したが,1651年(順治8)ラマ寺院に改修された。西黄寺は1652年ダライ・ラマ5世の北京訪問に際してその宿舎として建立され,清浄化城と号した。西黄寺は清代北京を訪問するチベットモンゴル高僧の宿舎にあてられた。黄寺の通称は屋根を黄瓦でふいたことによる。西黄寺のみ現存する。【若松 寛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黄寺の関連キーワード白雲観北京動物園可惜禅定門北郊門外外記局ギタラマティルタウンプル寺院北京市の区・県人民代表選挙

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone