コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄色のキリスト

1件 の用語解説(黄色のキリストの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

黄色のキリスト

フランスの画家ポールゴーギャンの絵画(1889)。原題《Le Christ jaune》。『説教のあとの幻影』とともに、ブルターニュ時代に確立された総合主義(サンテティスム)の代表作として知られる。バッファロー、オルブライト・ノックス美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄色のキリストの関連キーワードムーラン・ド・ラ・ギャレットゴーギャン光輪のある自画像死霊が見ている死霊が見守る説教のあとの幻影タヒチの女たちぶらんこの絶好のチャンスマナオ・トゥパパウヤコブと天使の戦い

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone