バッファロー(英語表記)Buffalo

翻訳|buffalo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バッファロー
Buffalo

アメリカ合衆国,ニューヨーク州北西部の商工業・交通都市で,同州第2の大都市。エリー湖の東端,ナイアガラ川への出口に近い港で,セントローレンス水路に通じている。最初に入植したヨーロッパ人はフランス人狩猟者とイエズス会派宣教師であったが,アメリカ独立戦争前はナイアガラ砦などがある軍事的集落であった。1797年付近一帯がオランダ土地会社の所有となり,町が建設され,ニューアムステルダムと命名。1825年エリー運河が完成し,西部開拓の進行に伴い,東部から西部への交通の要地として商業が発達。南北戦争後は,商業ルートと市場を求めて鉄道が集中し,19世紀末のナイアガラ瀑布の水力発電の開発とともに,工業が発展した。工業の中心は製粉と製鉄で,そのほかゴム,航空機,化学,電気器具などがあり,業種の多いのが特色。港は年間 2000万tの荷扱いがあり,国内でも最大の内陸港。原子力,宇宙飛行関係の研究の一中心をなし,1846年創立のニューヨーク州立大学バッファロー校など各種の大学がある。ナイアガラ瀑布入口の観光都市でもあり,オールブライト=ノックス・アート・ギャラリー,歴史博物館などがある。人口 26万1310(2010)。

バッファロー

アメリカバイソン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バッファロー

米国,ニューヨーク州西部,エリー湖岸の港湾都市,工業都市。ナイアガラ川に臨む。1825年のエリー運河の開通以降発展。農畜産物,石炭,鉄鉱石,機械などの中継港として重要。全米屈指の規模をもつ製粉業のほか,ナイアガラ滝の水力発電を利用した鉄鋼,化学,機械などの重工業も発達。1803年オランダ人が創設。26万1310人(2010)。
→関連項目ニューヨーク[州]

バッファロー

バイソン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

バッファロー

正式社名「株式会社バッファロー」。英文社名「BUFFALO CO., LTD.」。小売業。昭和58年(1983)「バッファローオートパーツ株式会社」設立。平成15年(2003)現在の社名に変更。本社は埼玉県川口市並木。カー用品販売会社。オートバックスセブンフランチャイジー。埼玉県中心に店舗展開。自社ブランド商品も手がける。JASDAQ上場。証券コード3352。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バッファロー【Buffalo】

アメリカ合衆国ニューヨーク州西部の工業都市。人口31万3000(1994)。エリー湖北東岸に位置し,五大湖地方の重要な港の一つ。周辺地域の穀物の集散地で,穀物倉庫や製粉工場が多い。ナイアガラ滝水力電気を利用して,化学,電気製品,鉄鋼,機械,造船,自動車,食品加工などの工業が発達している。1803年に集落が建設され,25年エリー運河の開通によって発展した。ニューヨーク州立大学バッファロー校の所在地

バッファロー【buffalo】

偶蹄目ウシ科の動物のうち,とくにスイギュウ類をさす英名。アジアスイギュウAsian water buffaloと,アフリカスイギュウAfrican buffaloに対して用いられるが,アメリカバイソンの俗称ともされる。これはカナダへ入植したフランス系の人々がバイソンをル・バッフle bœuf(ウシの意)と呼んだものが,英語でバッフルbuffle,バッフェロbuffeloと変化し,最後にバッファローとなったものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バッファロー【buffalo】

アメリカバイソンのこと。 → バイソン

バッファロー【Buffalo】

アメリカ合衆国、ニューヨーク州エリー湖東岸にある港湾都市。かつては鉄鋼都市として知られたが、学術・文化都市として発展。ナイアガラの滝への入り口。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

バッファロー

〘名〙 (buffalo)
① 「すいぎゅう(水牛)」のこと。
② 「バイソン」のこと。
※走れトマホーク(1972)〈安岡章太郎〉「野性のバッファローはほとんど絶滅されてしまったから」

バッファロー

(Buffalo) アメリカ合衆国、ニューヨーク州北西部、エリー湖の東岸にある工業都市。ナイアガラ滝の上流にあり、五大湖水運と鉄道交通の要地を占める。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のバッファローの言及

【バイソン】より

…野生での寿命は20年くらいだが,飼育下では約40年の記録がある。 なお,アメリカではアメリカバイソンをバッファローbuffaloと呼ぶことがあるが,バッファローは元来スイギュウを指す英語であるから適切ではない。【今泉 忠明】 農耕をも行っていたとはいえ,シャイアン,アラパホなどの平原インディアンにとって,かつて大平原に大群をなして存在したアメリカバイソンは,食肉,衣服,寝具,テント,ボートなど,衣食住すべての供給源であった。…

※「バッファロー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android