コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄花岡蜂起 こうかこうほうき

1件 の用語解説(黄花岡蜂起の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

黄花岡蜂起【こうかこうほうき】

中国,清末1911年4月27日(旧暦3月29日),黄興中国同盟会の会員が広東省城奪取を目的に広州で起こした武装蜂起事件。広州三・二九革命とも。両広総督公署を襲い失敗。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の黄花岡蜂起の言及

【黄興】より

…同盟会時代,黄興は武装蜂起の前線指揮官として八面六臂の活躍をし,敵からもその豪胆を称賛された。とりわけ有名なのが必敗覚悟で決起し九死に一生を得た黄花岡蜂起である。武昌蜂起の成功後,革命軍の戦時総司令となり,中華民国臨時政府では陸軍総長となった。…

※「黄花岡蜂起」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黄花岡蜂起の関連キーワード赤口先負山遊び応永寛和寛平建久保延保元残留孤児・婦人訴訟判決

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone