黄花岡蜂起(読み)こうかこうほうき

百科事典マイペディアの解説

黄花岡蜂起【こうかこうほうき】

中国,清末1911年4月27日(旧暦3月29日),黄興中国同盟会の会員が広東省城奪取を目的に広州で起こした武装蜂起事件。広州三・二九革命とも。両広総督公署を襲い失敗。黄花岡はこの時の犠牲者87名の埋葬地で広州郊外にある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の黄花岡蜂起の言及

【黄興】より

…同盟会時代,黄興は武装蜂起の前線指揮官として八面六臂の活躍をし,敵からもその豪胆を称賛された。とりわけ有名なのが必敗覚悟で決起し九死に一生を得た黄花岡蜂起である。武昌蜂起の成功後,革命軍の戦時総司令となり,中華民国臨時政府では陸軍総長となった。…

※「黄花岡蜂起」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android