コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄道十二宮と十二星座

1件 の用語解説(黄道十二宮と十二星座の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

黄道十二宮と十二星座

地球から見て、太陽が一年かけて地球の周りを一周する時に描く天球上の大円を黄道といい、これを一二等分したものが十二宮で、太陽が一カ月ごとにこれらの宮を順に移動すると考えられた。それぞれ星座の名前でもって呼ばれ、それが占星術の十二星座になっている。また、それぞれの星座には、ゆかりの宝石と植物が指定されている。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄道十二宮と十二星座の関連キーワード外合黄道視運動順行新月地球照内合年周視差オイラーの周期日周潮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone