黒宮許三郎(読み)くろみや こさぶろう

  • 黒宮許三郎 くろみや-こさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1852-1902 明治時代の開拓者,治水家。
嘉永(かえい)5年3月15日生まれ。尾張(おわり)海西郡(かいさいぐん)川治村(愛知県海部郡(あまぐん)立田村)の大庄屋。明治4年鍋田村御茶屋新田,8年熱田港(名古屋港)付近の開拓をおこなう。明治用水建設にも出資し,伊予田(いよだ)与八郎,岡本兵松(ひょうまつ)らをたすけた。明治35年9月4日死去。51歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android