コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒楽 クロラク

デジタル大辞泉の解説

くろ‐らく【黒楽】

楽焼(らくや)きの一。黒色不透明の釉(うわぐすり)をかけて焼いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろらく【黒楽】

黒色不透明の釉うわぐすりをかけた楽焼き。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の黒楽の言及

【長次郎】より

…楽焼(らくやき)の創始は千利休の創意によるもので,天正年間(1573‐92)中ごろには長次郎によって作られたとされている。伝世する作品は意外に多く,黒楽,赤楽の茶碗を主に飾瓦,香炉,皿,焙烙(ほうろく)などがあるが,ことに茶碗では作行きの違いによっていくつかのタイプに分けられる。1688年(元禄1)に楽宗入によって記された文書によれば,初代長次郎の時代には,他に宗慶,宗味などの存在が認められ,これらの人物による作品も〈長次郎焼〉とされたようである。…

※「黒楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒楽の関連キーワード千利休(せんのりきゅう)茶道(ちゃどう)楽焼き・楽焼東陽坊長盛長次郎七種横山鈴翁浦川一斎芝山監物光悦茶碗楽道入楽一入長次郎道入京焼黒器楽焼

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒楽の関連情報