コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田古郷 くろだ こきょう

2件 の用語解説(黒田古郷の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

黒田古郷

日本画家。東京生。本名清造。松本楓湖の安雅堂画塾に学ぶ。巽画会展で受賞を重ね、今村紫紅小茂田青樹らによる赤曜会の結成に参加する。院友となり、青樹主宰の杉立社にも参加。新文展入選。昭和42年(1967)歿、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田古郷 くろだ-こきょう

1893-1967 明治-昭和時代の日本画家。
明治26年生まれ。41年松本楓湖(ふうこ)の安雅堂画塾にはいる。44年から巽(たつみ)画会に出品し入賞をかさねた。大正3年今村紫紅,速水御舟(はやみ-ぎょしゅう)らと赤曜会を結成。院展にも「七夕」「睡蓮(すいれん)」などを出品した。昭和42年死去。74歳。東京出身。本名は清造。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

黒田古郷の関連キーワード藤井松山井上石邨倉知しん木暮武太夫(2)鈴木利貞竹岡勝也田中嘉三古田良一渡辺節梥本一洋

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒田古郷の関連情報