コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田遺跡 くろだいせき

世界大百科事典内の黒田遺跡の言及

【太田黒田遺跡】より

…JR和歌山駅のすぐ東方,和歌山市太田から南黒田にかけて所在し,弥生時代から古墳時代,奈良・平安時代を経て,中・近世にまでおよぶ大規模な集落遺跡。区画整理事業に先立ち,1968年から3次にわたる発掘調査を行い,特に東西400m,南北500mの規模の弥生時代前期からの集落が明らかとなった。遺構には竪穴住居,溝,井戸,土壙墓などがあり,出土遺物も土器,石器をはじめ多種・多量におよんでいる。なかでも石の舌をもった銅鐸は,平野の集落から出土した前例の少ないもので,銅鐸の使用と埋納場所の関係を知るうえで貴重である。…

※「黒田遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒田遺跡の関連キーワード和歌山(市)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒田遺跡の関連情報