コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒色上皮腫 こくしょくじょうひしゅmelanoepithelioma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒色上皮腫
こくしょくじょうひしゅ
melanoepithelioma

上皮性の腫瘍にメラノサイト (色素細胞) が共存して,黒色腫瘍となったもの。半球状に隆起し,表面は粗く角化を認める。表皮性組織の増殖以外にメラノサイトの増殖あるいはメラニン色素の増加がみられる。良性のものは老人性ゆうぜい (油漏性角化症) の一型とみられる (→いぼ ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android