黒色表皮腫(読み)こくしょくひょうひしゅ(英語表記)acanthosis nigricans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒色表皮腫
こくしょくひょうひしゅ
acanthosis nigricans

黒色棘細胞増殖症ともいう。項頸部,腋窩,乳頭,臍窩,鼠径部などに黒褐色の乳頭状皮疹が対側性に多発して融合する。手指足趾,口腔粘膜にも生じることがある。良性型と悪性型とに大別される。良性型は先天性素因により小児期に生じるものもあるが,大部分若年の肥満者に現れ,やせるとともに軽快,消失する。悪性型は中高年者に生じ,ほぼ全例に内臓の悪性腫瘍,特に胃癌併発が認められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の黒色表皮腫の言及

【角化症】より

…優性遺伝。(9)黒色表皮腫 腋窩(えきか)等,おもに皮膚のすれる部分が黒くなり,表面乳頭腫を示すもの。優性遺伝のほか,内臓の悪性腫瘍に伴うものがある。…

※「黒色表皮腫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android