黒野義文(読み)くろの よしぶみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒野義文 くろの-よしぶみ

?-1917 明治-大正時代の教育者。
ニコライ露語学校,東京外国語学校でロシア語をまなび,卒業後東京外国語学校の助教授。明治19年ロシアにわたり,ペテルブルグ大の日本語教師となる。「日露通俗会話篇」などをあらわし,またロシアの日本語学者の育成に貢献した。大正6年同地で死去。江戸出身。ロシア名はイオシフ=ニコラエビッチ=クロノ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android