黒鍬組(読み)くろくわぐみ

精選版 日本国語大辞典 「黒鍬組」の意味・読み・例文・類語

くろくわ‐ぐみ くろくは‥【黒鍬組】

〘名〙 江戸時代江戸城掃除や荷役運搬などの仕事にあたった下級役職三組(計四七〇人)あった。
随筆・近世江都著聞集(1757)一一「此おでんの方は至極の小身者拾五俵、一人扶持黒鍬組白須才兵衛が女たり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android