コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黙示録の洞窟 モクシロクノドウクツ

2件 の用語解説(黙示録の洞窟の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もくしろく‐の‐どうくつ【黙示録の洞窟】

Spilaio ApokalipsisΣπήλαιο Αποκάλυψης》ギリシャ東部、エーゲ海に浮かぶパトモス島にある洞窟。紀元1世紀末に聖ヨハネが同島に流刑にされ、この地で神の啓示を受けて黙示録を書いたとされる。1999年に「パトモス島の神学者聖ヨハネ修道院黙示録の洞窟の歴史地区(コーラ)」として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

もくしろくのどうくつ【黙示録の洞窟】

ギリシアのドデカニソス諸島のパトモス島、聖ヨハネ修道院のある中心市街ホーラと港町スカラの間にある斜面の洞窟。パトモス島はローマ帝国時代、キリスト十二使徒の一人である聖ヨハネの流刑地となった島である。聖ヨハネはこの洞窟で神の啓示を受け、ホラで福音書や黙示録を執筆したとされている。この黙示録の洞窟には、彼が啓示を受けたとされる場所や、神の声が下ったときに割れたとされる岩が残っている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黙示録の洞窟の関連キーワードキクラデス諸島スポラデス諸島ドデカニサ諸島ナクソス島パトモス島アロニソス島カソス島ドデカネス諸島パクソス島ドデカネス[諸島]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone