コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネ ヨハネJohannes

2件 の用語解説(ヨハネの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヨハネ(Johannes)

イエス十二使徒の一人。ガリラヤの漁夫ゼベダイの子。大ヤコブと兄弟。イエスの死後、エルサレム教会の指導者。新約聖書中の「ヨハネによる福音書」「ヨハネ黙示録」「ヨハネ三書簡」の著者とされる。生没年未詳。→ヤコブ
バプテスマのヨハネ
[補説]「約翰」とも書く。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ヨハネ【約翰】

イエスの十二弟子の一人。大ヤコブの弟。イエス昇天後、エルサレムのキリスト教会を指導した。後世、ヨハネ福音書・ヨハネ黙示録の著者とされる。
バプテスマのヨハネ。都市生活から離れ、神の審判がせまっていることを説き、人々に悔い改めのしるしとして洗礼を施し、イエスもヨルダン川でその洗礼を受けた。ヘロデ・アンテパスにより殺された。洗礼者ヨハネ。 〔「約翰」とも当てた〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヨハネの関連情報