コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼓室硬化症 こしつこうかしょう Tympanosclerosis

1件 の用語解説(鼓室硬化症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こしつこうかしょう【鼓室硬化症 Tympanosclerosis】

[どんな病気か]
 粘稠度(ねんちゅうど)の高い(ねばりけの強い)滲出性中耳炎しんしゅつせいちゅうじえん)(「滲出性中耳炎(中耳カタル)」)を放置しておくと、中耳に肉芽(にくげ)(増殖(ぞうしょく)した結合組織)ができてきます。
 この肉芽が長年のうちに石灰化(せっかいか)、骨化(こつか)して、鼓膜(こまく)・耳小骨(じしょうこつ)がかたくなり、音の伝わり方が悪くなって難聴(なんちょう)がおこってきます。これが鼓室硬化症です。
[治療]
 鼓膜の石灰化病変を認めるだけで、聴力障害がほとんどないか、あってもごくわずかであれば、まだ治療の必要はありません。
 鼓膜の振動部分が周囲の骨と固着したり、鼓膜の振動を内耳(ないじ)に伝えるための耳小骨連鎖(じしょうこつれんさ)が周辺の石灰化病変と固着したりすれば、中等度の伝音難聴(でんおんなんちょう)(「伝音難聴と感音難聴」)となります。こうなると、聴力(ちょうりょく)改善のための鼓室形成術(こしつけいせいじゅつ)が必要になります。この手術は、硬化している病変を摘出(てきしゅつ)し、鼓膜、耳小骨の連鎖を再建します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

鼓室硬化症の関連キーワード何心地年中不死身うちなんちゅう中年者粘稠年中行事の障子やまとんちゅう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone