コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滲出性中耳炎 シンシュツセイチュウジエン

2件 の用語解説(滲出性中耳炎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんしゅつせい‐ちゅうじえん【×滲出性中耳炎】

急性中耳炎が完治していない場合や、アレルギーなどによって耳管が閉塞している場合に起こる中耳炎。小児に多い。鼓膜の奥の中耳腔(鼓室)に滲出液が貯まり、聞こえが悪くなるが、痛みや腫れなどが起きることはまれである。鬱血(うっけつ)を除去する薬剤や抗アレルギー薬などによって耳管を開く治療を行う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

しんしゅつせいちゅうじえん【滲出性中耳炎】

 鼓膜(こまく)の奥に液体がたまるために難聴になる病気です。
 かぜの炎症が鼻から鼓膜の奥の中耳(ちゅうじ)に広がり、粘膜(ねんまく)から分泌(ぶんぴつ)される滲出液が、鼓膜の奥の空気にとって変わるので、鼓膜が音を受けなくなります。
 症状は、難聴、耳閉感(じへいかん)(耳がつまった感じ)、耳鳴(みみな)りなどです。
 難聴は、かぜの後などに急に始まります。痛みはほとんどありません。
 軽い老人性難聴がある人が滲出性中耳炎になると、会話がほとんどわからないほどの難聴になることがあります。
 お年寄りになると、粘膜の抵抗力が低下し、粘膜表面の粘液を排泄(はいせつ)する線毛(せんもう)の運動が低下します。このため、青年期には中耳炎にならなかった人が滲出性中耳炎にかかるようになります。
 原因は、かぜが多いのですが、飛行機の着陸時の気圧の変動が原因になることもあります。
 診断は、鼓膜の診察、純音聴力検査インピーダンス聴力検査で行ないます。
 滲出性中耳炎は、耳鼻咽喉科(じびいんこうか)の外来治療で治すことができます。治療方法は、抗生物質の内服、鼓膜切開(鼓膜を切開して、鼓膜の奥の炎症性の液体を吸い取ります。鼓膜を切開しても、聴力はほとんど悪化しません)、鼓膜チューブ留置(りゅうち)(鼓膜の奥に空気が送り込まれるように、中空のチューブを鼓膜に置きます)などがあります。
 お年寄りの滲出性中耳炎発症の背景には、中耳粘膜の老化がありますから、治療に時間がかかることも少なくありません。
 鼓膜切開を長期間反復する方法や、中耳炎はそのままにして、補聴器を使用する方法もあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典内の滲出性中耳炎の言及

【アデノイド】より

…また上咽頭には中耳腔に通じる耳管の開口があるので,耳管が圧迫されることにより,中耳腔の気圧調整不能となり,難聴の大きな原因となる。また,これが原因で,子どもに多い滲出性中耳炎をおこす。学童の場合,成績が低下するので影響は大きい。…

【中耳炎】より

…病変の軽重,耳管の機能の程度により聴力改善の望めない場合もあるが,補聴器がこの場合うまく利用できる。 子どもや老人に多い中耳炎に,滲出性中耳炎とよぶものがある。軽い難聴と耳閉塞感があるが痛みはまずない。…

【耳】より

…慢性中耳炎では鼓膜に穿孔(せんこう)がみられる。軽度の難聴のほかにとくに症状のないものに滲出(しんしゆつ)性中耳炎がある。また,中耳炎の一種に真珠腫があるが,これは上鼓室,あるいは緊張部の辺縁穿孔より外耳道上皮が中耳に侵入し内部に蓄積し,周囲の骨組織に圧迫壊死(えし),融解を起こすため骨欠損を生ずるもので,内耳炎,顔面神経麻痺,脳腫瘍などの合併症を起こす。…

※「滲出性中耳炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

滲出性中耳炎の関連キーワード鼓膜暗幕耳鏡姿枕縮こまる鼓膜炎湑む水溜まるこませ籠プリー・マルタンガール (pulley martingale)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

滲出性中耳炎の関連情報