コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

齢級 れいきゅう

2件 の用語解説(齢級の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

れいきゅう【齢級】

樹木を齢によって分けた階級。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林業関連用語の解説

齢級

ある一定の幅に、林齢を括ったものをいう。 ・齢級の幅は、現在では5か年としており、1年生から5年生までを・齢級、6年生から10年生までを・齢級として表示する。
なお、林齢とは植林等更新初年度を1年生とし、以後の経過した年数をいう。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

齢級の関連キーワードアーリー効果複塩天候デリバティブ主伐腹を括る有期年金体重過剰デュロン数スイス方式長伐期施業

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

齢級の関連情報