コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2.4GHz帯

1件 の用語解説(2.4GHz帯の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

2.4GHz帯

無線の免許がなくても利用できるように開放されている2.4GHz近辺の電波周波数帯のこと。国内では1999年11月の郵政省の答申により、既存の2471M~2497MHzまでの26MHz幅に加え、2400M~2483.5MHzの83.5MHz幅も利用できるようになった。欧米でも同帯域が開放されており、IEEE802.11bに準拠する無線LANBluetooth、HomeRFのSWAPなどが、この電波周波数帯を利用している。同じ場所で同時に複数の無線通信を行なうことでパケット衝突(コリジョン)が起こるため、データ伝送速度の低下が懸念されている。産業(Industry)、科学(Science)、医学用機器(Medical)がこの電波周波数帯を利用するため、それぞれ頭文字をとってISMバンドともいわれる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

2.4GHz帯の関連キーワード温水プール斯くても仮免許無くもがな門戸開放電波利用料迚も斯くてもMYLINEMYLINE PLUSえら

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

2.4GHz帯の関連情報