コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

20-80 rule 20-80の法則 20-80 rule

1件 の用語解説(20-80 ruleの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

20-80の法則【20-80 rule】

19世紀のイタリアの経済学者、パレートが唱えたルール。イタリアの国富の80%は、20%の人に集中している現実を、パレートは「80−20ルール」と表現した。このルールがビジネスにも当てはまる。アメリカエアラインの売上の80%は20%の多頻度利用者に依存していることが分析され、それがフリークエント・フライヤー・プログラムを生み出した。つまり、20%の忠誠度(ロイヤルティ)の高い顧客が存在し、その顧客だけで全売上高の実に80%になっているという現実が存在する。顧客はすべてが等しいわけではない。データを分析してみると、百貨店は20−80ルール、専門店は20−90ルール、スーパーマーケットは30−70ルールになる。フリークエンシー・マーケティングは、この20−80ルールが原点になっている。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20-80 ruleの関連キーワードパレートマンゾーニメンガークルーグマンイタリアンスポレートセパレートアンプデスパレートパレンツォ食料経済学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone