コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

3連動地震

1件 の用語解説(3連動地震の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

3連動地震

駿河湾から四国沖にかけての海底を震源域として、東海、東南海、南海地震が連動して起きた場合に想定される巨大地震。各地震はおおむね100~150年程度の間隔で発生しており、今世紀前半にも発生する可能性がある。内閣府は昨年12月の中間報告で、最大級の地震の想定の震源域を暫定的に従来の2倍程度の約11万平方キロに広げ、地震規模を示すマグニチュード(M)も従来の8.7から9.0に引き上げた。

(2012-03-14 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

3連動地震の関連キーワード東海地震震源域荊蟹東海、東南海、南海地震震源域・波源域駿河湾沖地震東海・東南海・南海地震の被害想定東海・東南海・南海地震

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

3連動地震の関連情報