コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝永地震 ほうえいじしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宝永地震
ほうえいじしん

宝永4(1707)年10月4日に発生した巨大地震。日本最大級の地震の一つで,関東から九州にまで被害が及んだ。震央は北緯 33.2°,東経 135.9°,地震の規模はマグニチュードM)8.4~8.6と推定されている。震害は特に東海道伊勢湾紀伊半島で甚大であった。この地域は震度 6~7のゆれがあり,東海道沿いの袋井は壊滅状態,見附,浜松,鳴海,宮,四日市も半壊状態だった。伊豆半島から九州にいたる太平洋岸と瀬戸内海および八丈島で津波があり,推定される高さは紀伊半島尾鷲付近で 8~10m,伊豆半島西岸から紀伊半島,高知にいたる地域では 3~8m。犠牲者数は 5000人以上で,2万人をこえるという説もある。地盤の隆起沈降が顕著で,室戸,串本,御前崎では 1~2m隆起し,高知の東部では約 20km2が最大 2m沈下した。宝永地震はフィリピン海プレートが南海トラフに沿って西南日本の下に沈み込むため繰り返し発生する海溝型地震の一つ。1854年の安政東海地震と安政南海地震,1944年の東南海地震と 1946年の南海道地震は紀伊半島を境にした東西の領域で時間的に近接して地震が発生したが,宝永地震は東西の震源域が同時に破壊して起こった(→南海地震)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうえい‐じしん〔‐ヂシン〕【宝永地震】

宝永4年(1707)10月4日に発生した、日本の歴史上最大級の地震の一。マグニチュードは8.6と推測される。遠州灘(えんしゅうなだ)沖と紀伊半島沖で二つの大地震が同時に発生したとも考えられ、東海道伊勢湾紀伊半島が最も大きな被害を受けた。死者約2万人。家屋倒壊約6万戸、流失約2万戸といわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほうえいじしん【宝永地震】

1707年(宝永4)10月4日午前10時ころ発生した太平洋沖の巨大地震で,規模はマグニチュード8.4と推定されている。震度VI以上の地域は静岡県から四国の西端にまで及んだ。震度VIの地域の広がりから,この地震は東海沖および南海沖の二つの巨大地震がほぼ同時に発生したと考えられている。この地震の翌5日の午前8時ころには,甲斐(山梨県)を中心に大きな地震が発生し,甲州や江戸では,この5日の地震の方が強く揺れたという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうえいじしん【宝永地震】

1707年(宝永4)に起きた地震。マグニチュード8.4と推定され、日本歴史上最大級の地震。烈震以上の地域が東海道から四国西端にまで及び、大津波が房総半島から九州に至る太平洋沿岸を襲った。死者約二万人、家屋の倒壊約六万、流失約二万といわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宝永地震の関連キーワード宝永地震と安政東海・南海地震東九州を襲った主な巨大地震東海、東南海、南海地震南海トラフと地震安政東海地震安政南海地震佐井三右衛門東南海地震南海トラフ房総半島富士山大須賀遠州灘

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝永地震の関連情報