コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝永地震 ほうえいじしん

4件 の用語解説(宝永地震の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宝永地震
ほうえいじしん

宝永4(1707)年10月4日に発生した巨大地震。日本最大級の地震の一つで,関東から九州にまで被害が及んだ。震央は北緯 33.2°,東経 135.9°,地震の規模はマグニチュードM)8.4~8.6と推定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうえい‐じしん〔‐ヂシン〕【宝永地震】

宝永4年(1707)10月4日に発生した、日本の歴史上最大級の地震の一。マグニチュードは8.6と推測される。遠州灘(えんしゅうなだ)沖と紀伊半島沖で二つの大地震が同時に発生したとも考えられ、東海道伊勢湾紀伊半島が最も大きな被害を受けた。死者約2万人。家屋倒壊約6万戸、流失約2万戸といわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうえいじしん【宝永地震】

1707年(宝永4)10月4日午前10時ころ発生した太平洋沖の巨大地震で,規模はマグニチュード8.4と推定されている。震度VI以上の地域は静岡県から四国の西端にまで及んだ。震度VIの地域の広がりから,この地震は東海沖および南海沖の二つの巨大地震がほぼ同時に発生したと考えられている。この地震の翌5日の午前8時ころには,甲斐(山梨県)を中心に大きな地震が発生し,甲州や江戸では,この5日の地震の方が強く揺れたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうえいじしん【宝永地震】

1707年(宝永4)に起きた地震。マグニチュード8.4と推定され、日本歴史上最大級の地震。烈震以上の地域が東海道から四国西端にまで及び、大津波が房総半島から九州に至る太平洋沿岸を襲った。死者約二万人、家屋の倒壊約六万、流失約二万といわれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝永地震の関連キーワードカスミン四時東北空襲ボンバルディア胴体着陸事故ミス・ビードル号昼間特割きっぷ久留米競輪場政府の節電要請“私”を生きる松平頼如

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宝永地震の関連情報