コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

3Dグラフィックスアクセラレーター(読み)すりーでぃーぐらふぃっくすあくせられーたー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

3Dグラフィックスアクセラレーター

画面(立体)描画を高速化するために補助演算を行なう装置。一般的なグラフィックスアクセラレーターが線分や面(の塗りつぶし)など2次元の描画情報を高速化するのに対し、3Dグラフィックスアクセラレーターは立体情報(ポリゴン)表示を高速化する。また、ポリゴン描画の高速化だけでなく、物体表面にビットマップ情報を貼り付けるテクスチャーマッピングなども高速に行なえるような機能を持つ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スリーディー‐グラフィックスアクセラレーター【3Dグラフィックスアクセラレーター】

3D graphics accelerator》コンピューターの画像表示をCPUの代わりに行い高速化させるグラフィックスアクセラレーターのうち、特に三次元グラフィックスの描画処理を専門に行うビデオチップビデオカードのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android