486DX4

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

486DX4

DX2で搭載された倍クロック回路を3倍に高めたIntel 486シリーズのCPU。DX4プロセッサーでの内部処理は、外部クロックの3倍の速度で実行される。またこのDX4では、内部キャッシュがDX(およびDX2)での8Kbytesから16Kbytesに拡張された。動作周波数は、内部クロックが75MHzで外部クロックが25MHzのモデルと、内部クロック100MHz/外部クロック33MHzのモデルが存在する。電源電圧は、486DXやDX2の5Vから3.3Vに変更されており、単純に486DXやDX2と交換・装着して使用できない。このため従来のDX2マザーボードでDX4を利用する場合、当初は電源電圧を5Vから3.3Vに変換するレギュレータを載せたカード上にDX4プロセッサーを差し、これをDX2のソケットに差す方式がとられていた。その後、486DX2用のオーバードライブプロセッサーとしてIntelが発表したIntel DX4 ODPでは、パッケージ内部にこのレギュレータが搭載され、従来のDX2ソケットにそのまま差すことが可能になっている。486DX4は、後にIntel DX4と改名された。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android