ソケット(読み)そけっと(英語表記)socket

翻訳|socket

日本大百科全書(ニッポニカ)「ソケット」の解説

ソケット
そけっと
socket

「穴、受け口」の意味であるが、一般には電気配線器具で電球類の受け口をいう。ねじ込み型(主として右ねじ)が普通であるが、差込み型のものもある。磁器または合成樹脂製で、使用する電球の種類によって大型、並型、中型、細型、小型などの別がある。形状仕様についてはJIS(ジス)(日本工業規格)に定められている。

 コード吊(つ)り下げ灯用のソケットには、点滅キーを備えたキーソケットと、点滅キーをつけないキーレスソケットがある。また、コードで接続するかわりに、キーレスソケットにあらかじめ電線を直結している線付きソケットもある。線付きソケットを湿気のある場所に用いるときには、線付き防水ソケットがある。一般電気工作物に使用されるソケットは電気用品安全法により特定電気用品に指定され、製造販売についての規制がある。

[越野一二・市川紀充]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「ソケット」の解説

ソケット

OSのネットワーク機能、特にTCP/IPスタックアプリケーションが利用しやすいようにする仕組み。一般的に、アプリケーションプログラムはTCP/IPのスタックを直接操作することはなく、OSが用意するソケットを経由してネットワーク機能を利用する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ソケット」の解説

ソケット

〘名〙 (socket) 電球や蛍光灯などをねじ込んだり、差込んだりして電線と接続する器具。〔舶来語便覧(1912)〕
※暗い絵(1946)〈野間宏〉四「電気焜炉を取り出し、コードを二又のソケットにさしこみ始めた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ソケット」の解説

ソケット【socket】

電球,放電管,電子管などの受口で,ねじ込み形と差込形とがある。家庭で用いられる電球用ねじ込みソケットには,スイッチのないキーレスソケット,スイッチのついたキーソケット,押しボタンスイッチのついたボタンソケット,ひもを引く形式のプルソケット,線付き防水ソケットなどの種類がある。ソケットには相手電球などをしっかり保持し,電流通路の抵抗が低く,耐熱性があり,極間の絶縁がよいなどの特性が求められるので,耐熱性プラスチックなどの絶縁材料リン青銅などの高導電率ばね材料とが用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android