コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソケット そけっと

5件 の用語解説(ソケットの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ソケット

OSのネットワーク機能、特にTCP/IPスタックアプリケーションが利用しやすいようにする仕組み。一般的に、アプリケーションプログラムTCP/IPのスタックを直接操作することはなく、OSが用意するソケットを経由してネットワーク機能を利用する。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ソケット(socket)

器具などをはめ込むためのくぼみ。受け口。
電球や蛍光灯などを差し込むときの受け口となる、コードの先端部の器具。
コンピューターのCPUメモリーを基板などに取り付けるための受け口

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ソケット【socket】

電球,放電管,電子管などの受口で,ねじ込み形と差込形とがある。家庭で用いられる電球用ねじ込みソケットには,スイッチのないキーレスソケット,スイッチのついたキーソケット,押しボタンスイッチのついたボタンソケット,ひもを引く形式のプルソケット,線付き防水ソケットなどの種類がある。ソケットには相手電球などをしっかり保持し,電流通路の抵抗が低く,耐熱性があり,極間の絶縁がよいなどの特性が求められるので,耐熱性プラスチックなどの絶縁材料リン青銅などの高導電率ばね材料とが用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ソケット【socket】

電球や電子管を、ねじ込んだり差し込んだりして、電気を導くための器具。
ゴルフ-クラブのクラブ-ヘッドがシャフトとつながる部分。また、そこへ球があたるミス-ショット。
IP アドレスとポート番号からなるネットワーク上のアドレス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソケット
そけっと
socket

「穴、受け口」の意味であるが、一般には電気配線器具で電球類の受け口をいう。ねじ込み型(主として右ねじ)が普通であるが、差込み型のものもある。磁器または合成樹脂製で、使用する電球の種類によって大型、並型、中型、細型、小型などの別がある。形状仕様についてはJIS(ジス)(日本工業規格)に定められている。
 コード吊(つ)り下げ灯用のソケットには、点滅キーを備えたキーソケットと、点滅キーをつけないキーレスソケットがある。また、コードで接続するかわりに、キーレスソケットにあらかじめ電線を直結している線付きソケットもある。線付きソケットを湿気のある場所に用いるときには、線付き防水ソケットがある。一般電気工作物に使用されるソケットは電気用品安全法により特定電気用品に指定され、製造販売についての規制がある。[越野一二・市川紀充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソケットの関連キーワード真空管計数管タウンゼンド放電放電管熱電子管裸電球木螺子捩じ込む無電極放電電子残留効果

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソケットの関連情報