コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倍クロック技術 ばいくろっくぎじゅつ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

倍クロック技術

CPUの内部を、外部クロックの倍の周波数で動作させる技術。Intelがこの技術を使用したIntel DX2シリーズを発表したことで、PC用途で一般化した。プロセッサー内部にPLL(Phase Locked Loop)と呼ばれる回路を組み込み、CPUの外部から入ってくるクロックを高速化する。これにより、CPU外部の周辺回路はそのままにして、CPUの処理能力を高めることが可能となる。現在では外部クロックを3倍にして動作するCPU(IntelDX4)も存在するが、「外部クロックをさらに高速化してCPU内部を動作させる」という意味では、「倍クロック」という用語をそのまま使用する。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

倍クロック技術の関連キーワードマルチコアマルチコアキャッシュメモリーCore i7動作周波数HyperTransportチップセット仮想化オーバークロックCULV

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android