コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倍クロック技術 ばいくろっくぎじゅつ

1件 の用語解説(倍クロック技術の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

倍クロック技術

CPUの内部を、外部クロックの倍の周波数で動作させる技術。Intelがこの技術を使用したIntel DX2シリーズを発表したことで、PC用途で一般化した。プロセッサー内部にPLL(Phase Locked Loop)と呼ばれる回路を組み込み、CPUの外部から入ってくるクロックを高速化する。これにより、CPU外部の周辺回路はそのままにして、CPUの処理能力を高めることが可能となる。現在では外部クロックを3倍にして動作するCPU(IntelDX4)も存在するが、「外部クロックをさらに高速化してCPU内部を動作させる」という意味では、「倍クロック」という用語をそのまま使用する。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倍クロック技術の関連キーワード外部クロッククロッククロックアップクロック周波数走査周波数バスクロックベースクロックオーバークロックターボ・ブースト・テクノロジーピンクノイズ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone