コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

A判 えーばん

2件 の用語解説(A判の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

A判

JISにより規格化された用紙サイズのひとつ。A0判(841mm×1189mm)を基準として、半分に分割したサイズごとにA1判、A2判と呼ばれる。この他にB判という系列もある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エー‐ばん【A判】

JIS日本工業規格)によるの規格寸法の一系列。原紙寸法ではA列本判が625ミリ×880ミリ。加工仕上げ寸法ではA列0番が841ミリ×1189ミリで、この長辺を半截(はんさい)したものをA列1番とし、順次10番まである。→B判
[補説]A判の寸法(単位はミリ)
A0:841×1189
A1:594×841
A2:420×594
A3:297×420
A4:210×297
A5:148×210
A6:105×148
A7:74×105
A8:52×74
A9:37×52
A10:26×37

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

A判の関連キーワードANSIJIS日本工業規格B判標準規格ANSCJIS漢字JIS感度日本工業規格(JIS)JIS規格

A判の関連情報