コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

A判 えーばん

2件 の用語解説(A判の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

A判

JISにより規格化された用紙サイズのひとつ。A0判(841mm×1189mm)を基準として、半分に分割したサイズごとにA1判、A2判と呼ばれる。この他にB判という系列もある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エー‐ばん【A判】

JIS日本工業規格)によるの規格寸法の一系列。原紙寸法ではA列本判が625ミリ×880ミリ。加工仕上げ寸法ではA列0番が841ミリ×1189ミリで、この長辺を半截(はんさい)したものをA列1番とし、順次10番まである。→B判
[補説]A判の寸法(単位はミリ)
A0:841×1189
A1:594×841
A2:420×594
A3:297×420
A4:210×297
A5:148×210
A6:105×148
A7:74×105
A8:52×74
A9:37×52
A10:26×37

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

A判の関連キーワード環境JIS学校用家具JIS漢字水準旧JISJIS X0221新JIS地金(金属材料)洗濯表示文字集合文字コード

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

A判の関連情報