コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

A判 えーばん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

A判

JISにより規格化された用サイズのひとつ。A0判(841mm×1189mm)を基準として、半分に分割したサイズごとにA1判、A2判と呼ばれる。この他にB判という系列もある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エー‐ばん【A判】

JIS(日本工業規格)によるの規格寸法の一系列。原紙寸法ではA列本判が625ミリ×880ミリ。加工仕上げ寸法ではA列0番が841ミリ×1189ミリで、この長辺を半截(はんさい)したものをA列1番とし、順次10番まである。→B判
[補説]A判の寸法(単位はミリ)
A0:841×1189
A1:594×841
A2:420×594
A3:297×420
A4:210×297
A5:148×210
A6:105×148
A7:74×105
A8:52×74
A9:37×52
A10:26×37

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

A判の関連キーワード避難行動要支援者オフセット印刷ポケット判事務用家具輪転印刷機規格判印刷印刷機械凹版印刷エーばん三段論法用紙寸法規格判肺結核B 判A5判A4判A6判A3判枚葉紙全紙

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

A判の関連情報