A.J.P. マーティン(英語表記)Archer John Porter Martin

20世紀西洋人名事典の解説


1910.3.1 -
英国の化学者。
医学研究所教授,アボッツベリー研究所所長。
ロンドン生まれ。
ケンブリッジ大学ピーターハウスで学び、1936年博士号を取得する。’38年羊毛工業研究協会化学研究員を経て、’46年ブーツ純薬会社研究所生化学部長となり、’48年医学研究所教授を務める。’52年国立医学研究所物理化学部長を歴任し、’59年アボッツベリー研究所所長となる。R.L.M.シングペーパークロマトグラフィーを開発、生化学の大発展に貢献する。この業績により’52年シングと共にノーベル化学賞を受賞する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android