コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ACPI えーしーぴーあい

5件 の用語解説(ACPIの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ACPI

インテル、マイクロソフト、東芝の3社によって規格化された、パソコンの省電力を目的とする電源制御に関する規格。OSが中心となってパソコンの各デバイスBIOSとともに電源を管理する。現在大手メーカーによって販売されているパソコンの主要製品はほとんどACPIに対応している。外部リンクhttp://www.teleport.com/~acpi/

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

ACPI

パソコンの電力管理を行うための規格です。一定時間放置するとスタンバイにしたり、不要な装置の消費電力を落とすなどします。ただし、周辺機器の接続状況などによって省電力モードが使えないことがあります。
⇨OS、休止状態、スタンバイ

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エー‐シー‐ピー‐アイ【ACPI】[advanced configuration and power interface]

advanced configuration and power interface》パソコンの電力管理に関するインターフェース規格。1996年、米国インテル社・米国マイクロソフト社・東芝が共同で策定。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

エーシーピーアイ【ACPI】

コンピューターの電源制御に関する規格のひとつ。オペレーティングシステムBIOSの連携により、コンピューター内部の各種デバイスの電力管理、温度管理などを行う。◇「advanced configuration and power interface」から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ACPI

〖advanced configuration and power interface〗
パソコンのオペレーティング-システムが、一括して周辺機器などの電力制御管理を行えるように定められたインターフェースの仕様。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ACPIの関連キーワードWintelマイクロソフトオフィスマイクロソフトオフィスアクセスマイクロソフトオフィスエクセルマイクロソフトオフィスパワーポイントマイクロソフトオフィスワードマイクロソフトパワーポイントマイクロソフトアイエムイー

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ACPIの関連情報