コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AHCC えーえいちしーしー

食の医学館の解説

えーえいちしーしー【AHCC】

AHCCは「活性化されたヘミセルロース集合体」の略で、食物繊維の一種です。
 バイオ技術によって培養された複数のキノコ菌糸体を抽出したもので、1981年に日本で開発されました。
○栄養成分としての働き
 AHCCには免疫抑制物質の生成を抑える働きがあります。
 また、抗がん作用のある多糖類β(ベータ)グルカンを含みますが、これらと活性ヘミセルロースの働き、含有するビタミン、ミネラル、必須アミノ酸を含むたんぱく質が相乗効果をおよぼし、免疫力を高め、すぐれた抗がん作用を発揮すると考えられています。
 インターロイキン12は、がんを攻撃するナチュラルキラー細胞の活性化を助ける物質で、合成物がん治療にも使われますが、AHCCは体内でこれを引き出すことのできる物質といわれています。このほか、抗がん剤の副作用を軽減し、慢性肝炎や糖尿病、リウマチにも効果があると報告されています。

出典|小学館食の医学館について | 情報

AHCCの関連キーワードサプリメントとは

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

AHCCの関連情報