コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ASSP エーエスエスピー

IT用語がわかる辞典の解説

エーエスエスピー【ASSP】

特定用途向けICであるASIC(エーシック)のうち、半導体メーカーの主導で特定用途のために設計・開発され、一般の顧客に対して販売されるもの。携帯電話やデジタルカメラの電源管理、画像処理、音声処理などに使われる。◇「application specific standard produce」の頭文字から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エー‐エス‐エス‐ピー【ASSP】[application specific standard product]

application specific standard product》特定用途向けに開発された汎用の集積回路。半導体メーカー自らが開発・製造し、複数の企業に向けて汎用品として販売するもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASSPの関連キーワードマーク(Mary Ellen Mark)パスポート(passport)GLOBAL PASSPORTlunch passportドーピング(スポーツ)ITパスポート試験シングルサインオン永遠へのパスポート恐怖のパスポートPASSPO☆OpenIDオープンID一ノ瀬りと井草里桜菜palet平口みゆき實川貴美子藤本有紀美安斉奈緒美パスポート

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android