コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AT火山灰 エーティーかざんばい

百科事典マイペディアの解説

AT火山灰【エーティーかざんばい】

正式には姶良(あいら)Tn火山灰。現在の南九州鹿児島湾を中心とした姶良カルデラから約2.5万〜2.4万年前に噴出した火山灰。日本列島のほぼ全域に降下し,更新世後期の重要な鍵層(かぎそう)である。同時に噴出した火砕流堆積物がシラス台地を形成。
→関連項目テフロクロノロジー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android