コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姶良 アイラ

3件 の用語解説(姶良の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あいら【姶良】

鹿児島県中部にある市。鹿児島市の北に隣接し同市のベッドタウンとして発達するほか、タバコ栽培や養鶏・窯業などが盛ん。平成22年(2010)3月に加治木町・姶良町・蒲生町が合併して成立。人口7.5万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あいら【姶良】

鹿児島県中央部の市。薩摩半島と大隅半島の付け根に位置し、南部は鹿児島湾に臨む。鹿児島市や霧島市に隣接し、交通の利便性にも恵まれ、住宅地としての開発が進んでいる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姶良
あいら

鹿児島県中部、姶良郡にあった旧町名(姶良町(ちょう))。現在は姶良市の中央部を占める地域。鹿児島市の北東部と接する。1955年(昭和30)帖佐(ちょうさ)町、重富(しげとみ)村と、山田村の一部が合併して成立。郡名を町名とした。2010年(平成22)姶良郡加治木(かじき)町、蒲生(かもう)町と合併して市制施行、姶良市となった。JR日豊(にっぽう)本線と国道10号、九州自動車道が通じる。南部の鹿児島湾岸は沖積平野、北部はシラス台地。旧町村は藩政時代いずれも武士団の居住した麓(ふもと)集落で、とくに重富は現在もその景観をとどめている。明治以降、純農村から近郊農村に変わり、養鶏が盛んとなった。近年は鹿児島市のベッドタウンとして、大規模な住宅団地の造成が進み、人口が増加している。[平岡昭利]
『『姶良町郷土誌』(1968・姶良町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

姶良の関連キーワード鹿児島市喜入鹿児島大学アミュプラザ鹿児島鹿児島アリーナ鹿児島市民文化ホールTakaplaフレスタ鹿児島マルヤガーデンズこいじゃが

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

姶良の関連情報