BIS第2次規制(読み)ビスだいにじきせい(英語表記)the second BIS requirements

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

BIS第2次規制
ビスだいにじきせい
the second BIS requirements

BISマーケットリスク規制とも呼ばれる。 BIS (国際決済銀行) に事務局をおくバーゼル銀行監督委員会がマーケットリスク勘案し国際業務を行う民間銀行に対して定めた自己資本比率に関する規制。 1996年 12月末 (日本は 97年3月末) 発動。 1988年 12月から実施されている BIS規制では,いわば貸倒れリスクを対象に,資産リスクを勘案した自己資本比率8%以上が義務づけられたが,新しく加えられた第2次規制は,デリバティブ (金融派生商品) 取引の規模拡大を反映して,金融市場における価格変動リスクをも対象にしている。不良債権問題や株価低迷に悩み BIS規制の実現に悩んでいる日本の銀行にはさらにきびしいものとなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android