コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BIS第2次規制 BISだいにじきせい/BISだい2じきせい/びすだい2じきせい/びすだいにじきせいBasel Capital Accord to incorporate market risks

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

BIS第2次規制
ビスだいにじきせい
the second BIS requirements

BISマーケットリスク規制とも呼ばれる。 BIS (国際決済銀行) に事務局をおくバーゼル銀行監督委員会がマーケットリスク勘案し国際業務を行う民間銀行に対して定めた自己資本比率に関する規制。 1996年 12月末 (日本は 97年3月末) 発動。 1988年 12月から実施されている BIS規制では,いわば貸倒れリスクを対象に,資産リスクを勘案した自己資本比率8%以上が義務づけられたが,新しく加えられた第2次規制は,デリバティブ (金融派生商品) 取引の規模拡大を反映して,金融市場における価格変動リスクをも対象にしている。不良債権問題や株価低迷に悩み BIS規制の実現に悩んでいる日本の銀行にはさらにきびしいものとなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

BIS第2次規制の関連キーワード国際決済銀行BIS規制国際決済銀行国際決済銀行バーゼル協定BIS国際決済銀行リスクウエートBIS規制バーゼル銀行監督委員会

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android