コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BISマーケット・リスク規制 BISまーけっとりすくきせい/びすまーけっとりすくきせい Basel Capital Accord to incorporate market risks

1件 の用語解説(BISマーケット・リスク規制の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

BISマーケット・リスク規制

国際業務を営む民間銀行に対して定められた自己資本比率規制に、マーケット・リスクに対応するため、BISが追加した規制。1997年末(日本では98年1月)から適用が開始された。90年代に入ってから金利自由化が進むと共に、デリバティブ市場が急速に拡大した。そのため、信用リスクだけでなく、マーケット・リスクにより銀行の健全経営が脅かされる可能性が増えたことを背景に、マーケット・リスクに対応した自己資本の維持が求められるようになった。ここでのマーケット・リスクとは、金利、株価、為替等、市場価格の変動によってオンバランスオフバランス双方のポジションに損失が発生するリスクをいう。その測定には、銀行が内部管理に用いているVARの方法等が認められている。

(吉川満 (株)大和総研常務理事 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

BISマーケット・リスク規制の関連キーワード日本銀行営利法人外国為替公認銀行市中銀行信託銀行銀行家バーゼル合意バーゼル合意(BIS規制)BOJ(Bank of Japan)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone