発動(読み)はつどう

精選版 日本国語大辞典「発動」の解説

はつ‐どう【発動】

〘名〙
① うごきだすこと。活動をはじめること。おこること。
※土井本周易抄(1477)一「利は一機の発動する故に速也」
※俳諧・雑談集(1692)上「此有様まことに、仁心の発動(ハツドウ)せる所なれども」 〔荘子‐天運〕
権能を発すること。法的権限を行使すること。
※芸術運動に於ける前衛性と大衆性(1929)〈勝本清一郎〉「生産の合理化や意識的統制や〈略〉国家権力の反動的発動や」
③ 動力をおこすこと。
[補注]中世以前は、多く、病気が起こるの意で用いていた。→ほつどう(発動)

ほつ‐どう【発動】

〘名〙 病気がおこること。
※日本後紀‐大同三年(808)一二月甲子「〈略〉復患脚気、発動無期」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「発動」の解説

はつ‐どう【発動】

[名](スル)
動き始めること。活動を始めること。「情意の発動
「悪人にもなお純善なる良心ありて、時に―する事あり」〈逍遥小説神髄
事件などを処理するために、法的権限を行使すること。「強権発動する」
動力を起こすこと。
[類語](1開始幕開き開幕始まる始めるしだすやりだす掛かる取り掛かるしかかるしかける着手する踏み出すスタート出出し立ち上がり手始め皮切り口切り封切り起動始動幕がふたく・蓋を開けるしょ・ちょ端を発する口火を切る火蓋を切る幕を切って落とす狼煙のろしを上げる手を付ける御輿みこしを上げる/(2使う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「発動」の解説

【発動】はつどう

行動しはじめる。〔淮南子、兵略訓〕計定まりて發し、決して動くに、~に應ずること必ず、發動すること必ず亟(すみ)やかにす。

字通「発」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android