BIS規制(読み)ビスきせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

BIS規制
ビスきせい

バーゼル銀行監督委員会で合意された,国際銀行業務を行なう金融機関の自己資本比率規制に関する国際的な統一基準。バーゼル合意ともいう。国際決済銀行 BISに加盟する国はこの合意に基づき,各国の規制措置を制定する。当初バーゼル銀行監督委員会は BISの下部組織だったが,のちに中央銀行総裁・銀行監督当局長官グループという会議の下部組織に変わった。1988年,金融の国際化が進み国際金融リスクが増大するなか,銀行経営の健全化をはかるとともに各国間の競争条件を同一にすることを目的に合意された(バーゼルI)。2004年,急速な勢いで進展するリスクの多様化・複雑化に対応するため,自己責任型・市場規律型の新BIS規制(バーゼルII)の導入が合意され,2010年には 2008~09年の世界的な金融危機を教訓にした新たな規制,バーゼルIIIの導入が決定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

BIS規制

国際的に業務をする民間銀行に対して、自己資本比率(貸し出しなど総リスク資産に対する自己資本の割合)などを規制するもので、主要国の銀行監督当局で組織するバーゼル銀行監督委員会(事務局=スイス)が88年に統一基準を制定した。8%以上の自己資本比率が必要で、邦銀には93年3月期決算から適用された。日本は独自に国内業務のみの銀行に対しても4%以上を求めている。

(2007-05-01 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

外国為替用語集の解説

BIS規制

国際業務を行う銀行の自己資本比率に関する国際統一基準。バーゼル合意とも言う。BIS規制では、G10諸国を対象に、自己資本比率の算出方法(融資などの信用リスクのみを対象とする)や、最低基準(8%以上)などが定められ、自己資本比率8%を達成できない銀行は、国際業務から事実上の撤退を余儀なくされる。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

BIS規制

BISとは、主要国の共同出資によって設立された国際決済銀行のこと。 BIS 規制とは、国際的に活動する民間銀行に対して定められた自己資本比率の規制のこと。1988年の合意により、各銀行はこの自己資本比率を一定以上(8%)に維持しなければならないとされた。 2004年、BIS規制の見直し案(いわゆる「新BIS規制」)が公表され、日本では2006年から施行されている。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android