コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BTO ビー ティー オー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

BTO

受注生産方式。個人、企業へのコンピューター直販で主に使われており、ほかにも自動車産業でも用いられ始めている。通常の見込み生産方式では、事前に需要を見込んで一定量の最終製品を作り上げるため必然的に在庫を持つことになるのに対し、BTOでは受注後すぐに生産を行い完成とともに出荷するため、在庫を持たなくてよいことが特徴。企業は売れ残りリスクが低減し、消費者は必要な製品スペックを自分で決定できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

BTO

「ビルト・トゥ・オーダー」の略で、注文に応じて組み立てるという意味です。店頭販売のパソコンが、あらかじめ決まった仕様(スペック)で作られているのに対し、BTOではOSやCPUの種類、メモリーやハードディスクの容量、光学ドライブの種類、ソフトの有無などを注文時に指定できます。⇨CTO、スペック

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビー‐ティー‐オー【BTO】[build to order]

build to order》顧客からの注文を受け付けてから、半完成品や部品を組み立て、販売すること。完成品の在庫をもたず、製品が完成すると同時に出荷される。受注組立生産。受注加工組立。ビルドツーオーダーアセンブルツーオーダーATO(assemble to order)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

BTO

注文を受けてから部品を組み立てるという受注生産方式をいう。 BTOを行うには、不特定多数の顧客の要望に応じ、しかも速やかに出荷する体制が求められる。これを可能にしたのが情報技術の発展で、仕入れ元や配送業者などとの企業間連携が速やかに図れるようになったことが背景にある。 これにより、メーカーは完成品在庫を持つ必要がなくなり、直販が可能となるため、コスト削減につながるとされる。 アメリカのデルコンピューターにはじまり、ゲートウェイ、アップルなど、パソコンメーカーが通信販売を展開し、BTOで商品を供給する例が増えている。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ビーティーオー【BTO】

製造業における受注生産方式。顧客の注文に応じて部品を組み立て、出荷・販売すること。パソコンの直販業者などが採用している。◇「build to order」の頭文字から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

BTO

〖build to order〗
受注生産方式。顧客の希望する部品を組み合わせ、その製品を販売する。インターネットにおけるパソコン販売に多用される手法。メーカーは製品在庫を持つ必要がなく、ユーザーは必要最小限の機能を持つ製品を購入できる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

BTOの関連キーワードBtoB、BtoC、BtoE、CtoC包括的核実験禁止条約機関デマンドジェネレーションビルド・トゥ・オーダーDIP ファイナンスTBTO化合物汚染BtoB/BtoCBtoBサイト調査DIPファイナンスデーリー・メールテリー リーヒーBtoBtoC有機スズ化合物カスタマイズ国際監視制度eラーニング長与(町)CTBTOツイッター電子商取引

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android