C.G. ノット(英語表記)Cargill Gilston Knott

20世紀西洋人名事典の解説


1856.6.30 - 1922.10.26
英国物理学者
元・東京帝国大学教授,元・王立協会会員。
ペニクウィク生まれ。
1872年にエジンバラ大学卒業後、エジンバラ大学自然哲学科助手となる。1883年にユーイング後任として、東京大学理学部で電気学、磁気学などの教鞭を執った。又、数学的尺度の設定に貢献、さらに日本初の全国的地磁気観測を田中館愛橘らと組織し、指導に当たるなど地震研究にも従事した他、火山研究も行った。1891年に帰国、エジンバラ大学応用数学講師。王立協会会員にも選ばれ、同大学からケイト賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android