コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CD-R TypeⅡ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CD-R TypeⅡ

従来のCD-ROMドライブとレーザーピックアップの波長が異なるDVDドライブにおいても読み取り可能にしたCD-Rメディアの新しい規格。現行のCD-Rメディアの記録層に使用されている有機色素には、波長依存性がある。この有機色素は、現行のCDドライブが使用するレーザー光の波長(780nm)に合わせて設計されており、780nmの赤外レーザーでは65%以上の反射率を実現する。しかしレーザーの波長がこれより短くなると、レーザー光を吸収し、反射率が低下してしまう。DVDで使用する650/635nmの赤色レーザーでは、反射率は約10%にまで低下するといわれている。このためDVDドライブでは、現行のCD-Rメディアは正しく読み取れない。この問題を解決するために、現在CD-Rメディアベンダーは、780nmおよび650/636nmの双方のレーザーで読み取り可能な新しいCD-Rメディアを開発している。これがCD-R TypeⅡである。このCD-R TypeⅡに関しては、「recommended read-out signal levels at 650nm(650nmでの推奨される読み出しレベル)」として、Orangeブック PartⅡ Ver.2.0に記述される予定。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

CD-R TypeⅡの関連キーワード記憶装置ブートROMROM in RAMマルチリードCD-ROMROMMSCDEX.EXECD-ROM Extensionプレイステーション炎上マーケティング

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android