コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CD-R TypeⅡ

1件 の用語解説(CD-R TypeⅡの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CD-R TypeⅡ

従来のCD-ROMドライブレーザーピックアップの波長が異なるDVDドライブにおいても読み取り可能にしたCD-Rメディアの新しい規格。現行のCD-Rメディアの記録層に使用されている有機色素には、波長依存性がある。この有機色素は、現行のCDドライブが使用するレーザー光の波長(780nm)に合わせて設計されており、780nmの赤外レーザーでは65%以上の反射率を実現する。しかしレーザーの波長がこれより短くなると、レーザー光を吸収し、反射率が低下してしまう。DVDで使用する650/635nmの赤色レーザーでは、反射率は約10%にまで低下するといわれている。このためDVDドライブでは、現行のCD-Rメディアは正しく読み取れない。この問題を解決するために、現在CD-Rメディアベンダーは、780nmおよび650/636nmの双方のレーザーで読み取り可能な新しいCD-Rメディアを開発している。これがCD-R TypeⅡである。このCD-R TypeⅡに関しては、「recommended read-out signal levels at 650nm(650nmでの推奨される読み出しレベル)」として、Orangeブック PartⅡ Ver.2.0に記述される予定。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CD-R TypeⅡの関連キーワードカレントドライブドライブドライブベイベアドライブレーザーマウス光学ドライブDVDドライブBlu-rayドライブ仮想CD/DVDストレートドライブ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone